節約の方法は、いろいろありますが、お風呂に入る(シャワーを浴びる)時に、使う水道水の量を減らす事でも、節約が可能です。
その節約方法は、大きく分けると3つありますが、次から、それぞれの方法を紹介したいと思います。

シャワーを出しっぱなしにしない

シャワーを浴びる時に、シャワーを出しっぱなしにせずに、
シャンプーやボディーシャンプーを洗い流す時だけ、シャワーを出すと、かなり節約になると思います。
しかし、この方法を冬にやる場合は、浴室が寒いと思いますので、その場合は、浴室に入ってすぐに、浴室の壁に、シャワーをかけます。
そうする事で、多少、浴室内での寒さを緩和できます。
また、シャワーを出しっぱなしにすると、浴室内が湯気で覆われますが、
水道水には、発がん性が疑われている物質が含まれていますので、水道水の湯気を吸い込むのは、体に良くないと思います。
ですので、その点からも、シャワーを出しっぱなしにしない方が良いです。
日頃、タバコを吸っている方は、特にそうです。

お風呂に貯めるお湯を使いきれる量にする

そのようにする事で、お湯を節約できます。
しかし、この方法では、浴槽には浸かる事はできません。
しかし、この方法は、シャンプーやボディーシャンプーを洗い流す時だけシャワーを出す方法よりも、
お湯をすぐに使える利点があります。
また、この方法を冬に行うと、先ほどのシャワーを出す方法よりも、浴室の温度が、少し高くなって、
寒さを少し緩和できるメリットがあります。
また、この方法では、多くのお湯を節約できますが、しかし、浴槽に残ったお湯を全て使い切る事はできません。
浴槽に残ったお湯が残り少なくなると、お湯を、湯おけですくう事が難しくなります。

クレジットカード選びは節約の基本

クレジットカードを使い分けることで、ポイント還元率を最大化して節約できます。たとえば、無印良品ではMUJIカードを使うとポイントバックが大きいです。

湯おけを上手に使う

先ほどの、お風呂に貯めるお湯を使いきれる量にする方法では、
浴槽に残ったお湯を全て使い切る事ができないデメリットがありますが、
そのデメリットを解消できるのが、この方法です。
この方法では、お湯を使いたい時に、その都度、湯おけにお湯を貯めて使います。
この方法は、冬だと、お風呂に貯めるお湯を使いきれる量にする方法よりも、
浴室内の温度が低くなって、その分寒いというデメリットがあります。
ところで、シャンプーやボディーシャンプーを洗い流す時は、
湯おけを使うよりも、シャワーを使う方が、少ないお湯の量で済むと思います。
ですので、湯おけを上手に使う方法よりも、更に節約させたい場合は、
湯おけとシャワーを上手に使い分けて使うと、可能です。